HOME>アーカイブ>介護福祉の仕事内容と好条件の求人情報の集め方

介護福祉士の求人情報を集める方法とは

介護福祉士の求人は、介護福祉専門の求人サイトで集めるのが良いでしょう。未公開の求人も載せられています。

介護福祉士の業務内容とは

利用者の身体的な介護を行う

着替えや食事、入浴などの補助をしたり、ベッドから立ち上がったり歩行をしたりする補助なども行います。

利用者の生活的な介護を行う

利用者のための調理したり、食事や掃除、洗濯など生活の補助を行います。

利用者のメンタルをケアする

利用者の話し相手になったり、レクリエーションを行ったりします。

利用者の家族との交流

利用者の家族の介護の相談に乗ったり、介護方針を相談したりします。

介護スタッフとの連携

介護スタッフの日程を管理したり、職場が円滑に運営されるようにしたり、リーダーとして士気向上を目指します。

やりがいを感じられる仕事

女性介護士

一般的に介護福祉士という仕事は、大変な仕事と言われています。介護の専門職でありながら、生身の人間を相手にする仕事であるために、気苦労が多く、人と接する難しさを感じることも少なくありません。求人募集をしても、なり手が少ないことから常に人手不足に悩まされています。しかしながら、職場では時々人と人との温かい交流が生まれます。そのため、人との暖かい交流に対してやりがいを感じ、介護福祉士として誇りを持って働いている人も多いです。

介護職に就くための学費

女性

現在、介護職に就くための方法は様々なルートが用意されています。一般的には専門学校や福祉系大学に通って専門科目を学び、その上で国家試験を受けるというルートが定番となりつつあるのです。その場合、2年から4年単位の学費がかかることを想定しておく必要があります。学費がかかったとしても、介護福祉士になるには最短のルートということもあり、人気が高いです。また、通信教育も盛んな分野で働きながら介護福祉士になることも不可能ではありません。この場合、ホームヘルパーとして働きながら介護福祉士を目指すことになるため、労働の対価として費用を稼ぎながら、国家資格を目指せる最良の方法です。介護福祉士の求人は全国的に多いです。

広告募集中